2017年6月6日火曜日

R-2R DACの追試・その1

ロジックICの内部抵抗分の誤差を小さくするために、Rと2Rの抵抗値を大きくしてみました。

今回は、5KΩと10KΩの組み合わせです。
聴いてみましたが、出力が小さくなりました。
また、雑音ノイズが結構大きくて、全然駄目です。

やはり、1.5KΩと3KΩの組み合わせが正解だと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿