2017年5月16日火曜日

R2R DACのリベンジ

久しぶりの投稿となります。

一年前にR2R DACを製作しましたが、MSBビットの抵抗を可変抵抗にしなかったため、失敗作となりました。

そのままだと悔しいので、リベンジ版R2R DAC基板を製作してみました。


R2Rの抵抗は、3KΩと1.5KΩの組み合わせです。0.1%誤差の抵抗です。
前回は24ビット対応でしたが、リベンジという事で、24ビットと32ビットの両方に対応することにしました。
差分出力なので、ステレオで聴くには2設置必要になります。

MSBビットの抵抗は、固定抵抗+100Ω可変抵抗で微調整が出来ます。

音出しするとノイズが乗っていますので、可変抵抗を回してノイズを消します。
調整済みの音は、低域が太くとスッキリした音です。
シンプルな回路から、この音が聴けるなら、大満足ですね。

PCM 384KHzまで再生出来ました。それ以上はノイズが乗ってしまいます。
サンプリング周波数が高いほど、良い音になります。
32ビットで聴くと、24ビットには戻れません。
リベンジ成功です。

3 件のコメント:

  1. リベンジお目出度うございます。
    「低域が太くとスッキリした音」との事、今は DSD 変換していますが是非聞いてみたいですね。
    頒布されるのですよね!!
    出来れば抵抗も付けていただけると嬉しいです。

    返信削除
    返信
    1. Masaaaaさん、コメントありがとうございます。

      私の趣味的要素が大きいので正式頒布はしないかも。
      抵抗付きで4セット分は用意できると思います。
      私信メールで注文してください。

      削除

  2. 4セット分の頒布は終了しました。
    ありがとうございました。

    頒布希望を頂いているので、限定的な正式頒布は行う事にします。
    近日中にHPの方に詳細をアップします。予約になります。

    返信削除