2016年11月27日日曜日

WiFi付きマイコン

昨年から巷で評判になっているWiFi付きマイコン WROOM-02を試しています。



秋月電子で基板付き(写真右)でも販売されていますが、少し場所を取ります。
WROOM-02だけを購入して、変換基板(写真左)を製作しました。

今まで使って来たATmega328Pに比べて、ピン数が少ないので、色々と工夫が必要ですが、それ以上に秘めたるものを持っています。
WiFiに接続できると、PCやiPhoneのブラウザを使って操作が出来たり、プログラムの書き換えも簡単に出来ます。

今、開発中のPCM9211+AK4137 DAI基板で使います。
メモリ容量も多いので、DACの制御まで楽にこなせます。
最初は、AK4490EQ/AK4495SEQ/AK4497EQのデュアルモノDAC基板を合体出来るようにする予定です。
プログラムを変えれば、ES9028PROやES9038PROでも制御可能になります。

2016年11月26日土曜日

ES9028PROをゲットしてみました

ES9028PROをeBayで見つけて注文していましたが、本日届きました。

ES9028PROは、ES9038PROとチップは同じで出力がES9018S並で、
I/Vアンプは従来のものが使えるのが嬉しいですね。



基板設計を始めないといけませんが、データシートV2.02にデュアルモノ時の左右CH設定のレジスタが見つかりません。
それがないとデュアルモノは作れないので困りました。
誰がご存知の方がおられましたら、ご指導ください。
(11/28追記)
代理店様の回答で解決できました。

主な特長は、
・CH毎の出力端子
・マスタークロックは、BCLK,SCLKの逓倍クロック、90M/98M(または45M/49M)クロックの切替とジッタークリーニング付き
・平均移動フィルタDSD(0.5クロックシフトDSD)
・DoP入力(上位のAK4137で出来るから不要かな)
・DAC電源の強化
・ES9038PROの載せ替え
・基板サイズは100mm✕100mmを想定
等です。
SPD/IF入力やDSDL/R切替は上位でやれるのでパスします。
他に欲しい機能があったら、お知らせ下さい。

DAC制御まで可能なPCM9211+AK4137 DAI基板を設計中なので、
マイコン付きとマイコン無しの2タイプにするか決めかねています。
マイコン付きもWiFiマイコンにした方が良いかな?。

まだ構想中なので、色々と考えてみます。

2016年11月16日水曜日

Nutubeのその後

時間ばかりが過ぎていますが、Nutubeは放置状態です。

そのままではピンがもろくてブレッドボードに挿すことも出来ないので、
変換基板を作ってみました。



基板に立てたり、寝かせたり、ケースに取り付ける穴も用意してあります。

Nutubeの裏側の両脇に両面テーブ(やや薄め)を貼って、振動対策をして
います。
Nutubeの排熱板と基板をくっつけて放熱も狙ってみました。

さて、データシートの回路図を元に実験してみなくては。。。

2016年11月7日月曜日

ES9038PROとES9028PROの違い

面白いインタビュー記事がありました。

http://www.phileweb.com/interview/article/201611/02/407.html

この中で、ES9038PROとES9028PROの違いが話されていますが、
パッケージの違いはなく、ES9038PROに内蔵されているDACの3/4の機能を
停止させているものがES9028PROなんですね。

ES9028PROならES9018S用のI/Vアンプがそのまま使えるので、使いやすい
です。

ES9038PROが人気ですが、ES9028PROも良いと思いましたが、皆さんはどうでしょうか?

2016年9月24日土曜日

Nutubeが届きました

話題の直熱型双三極管 Nutubeが届きました。



思っていたより小さい(47mm✕20mm)ですね。
ヒーター電圧が0.7Vで普通の真空管のようには簡単に扱えません。

何に使うか思案中ですが、まずはブレッドボードで実験かな。

2016年9月16日金曜日

AK4497EQをゲット出来ました。

8/4にeBayで注文していたAK4497EQ(2個だけ)が、今日届きました。
残り有りだったのに、実は物はXX日に入荷するけど良い?って、若干サギかと、ハラハラしていましたが、本物が届きました。
値段は、初期の頃のES9018Sよりちょっと高かったです。



ハッポースチロールにセロテープで留めてあったので、見た目が少しボロっぽくなっていました。

本当に動くのか、早速、AK4497DM DAC基板を組み立ててみました。



基板サイズや部品数は、AK4495DM DACとほぼ同じですが、製作時間はこちらの方がかかりました。

火入れをしたら、音が歪んで出てきました。
??。
データシートをよくよく見ると、出力のゲインを大きく設定していました。
AK4495と同じ出力ゲインにしたら、普通に良い音が出ました。

帯域が広がって前に飛び出してくるような臨場感のある音だと思います。
AK4495とはまた違いますね。

基板に問題は無かったのですが、改善したい件があるので、頒布用にバージョンアップします。

後は、チップが普通に入手出来るかどうか。

2016年8月27日土曜日

PCM9211 DAI基板の頒布を開始しました。

4度目の改版を経て完成したPCM9211 DAI基の頒布を開始しました。
アイソレートやTCXOクロック採用などで、結構良いDAI基板になったと思います。


アナログ入力用に、入力バッファアンプ基板も用意しました。

よろしくお願いします。